結婚式に出席!気をつけるべきポイントは?

結婚式で着る服には避けるべき色がある

結婚式に出席する際、女性はドレスを着ることが主流となります。その時、ドレスの色には気をつける必要があります。白はタブーです。花嫁のウェディングドレスはだいたい白であり、結婚式において白のドレスが着れるのは花嫁だけです。また、黒もあまり良くありません。お葬式などの不幸ごとをイメージさせてしまうからです。薄目のピンクは写真に映る時、白っぽく見えてしまうので気をつけてくださいね。青や赤、黄色などのものを選びましょう。

露出度は控えめにしよう

新婦よりも目立たないように、露出度の高いものは避けた方が無難です。肩が大きく開いているものは向いていません。また、ドレスの丈も短すぎると良くないので、膝丈程度のものにすると良いでしょう。身体にピッタリと張り付いたものもあまり良くありませんね。露出度の高いものを着たい時や、購入してしまったという場合は、結婚式ではなく披露宴などで着用することができます。披露宴では多少目立ってもさほど問題ないでしょう。

ファー素材は避けるべきである

秋や冬の時期に流行するファー素材のものですが、ファー素材は結婚式においてタブーです。殺生をイメージさせてしまうからです。また、衛生面でもあまり良くありません。ファー素材の場合、いくら気をつけていても毛が舞ってしまいますよね。結婚式では隣の人との距離が近いうえ、食事をするのでファー素材が混入してしまうと迷惑です。披露宴などでは良いとではという意見もありますが、できるかぎり避けた方がよいといえますね。

結婚式場を東京で選ぶメリットとして交通の便の良さがあります。どの会場でも駅から近いので遠方からの客にも好評です。